ブログ運営

アドセンスが不合格になった原因は?

チャス!ヤヒロです。

タイトルにもある通り、めでたくアドセンスの審査落ちしましたw試しに申請してみたとははいえ、やはりショックというか悔しいですね!

なので、落ちてしまった原因を自分なりに抽出して考えてみました!その上で、改善点などを記事にして備忘録にしていこうと思います。

特にGoogle様からは

  • Google Adsenseのプログラムポリシーに準拠していない
  • ウェブマスター向けの品質のガイドラインに準拠していない

というお達しが来ていましたので、この項目を少し調べてみて自サイトと照らし合わせてみました。

 

プログラムポリシーを満たしていない可能性

 

ヤヒロ
ヤヒロ
プログラムポリシーってなに?w

 

Adsenseのプログラムポリシーとは簡単に言ってしまえば

Googleで定められている「規約・約束」を守ってくださいねということです。

試しにポリシーでググってみると「物事を行うときの方針、原則」と記述されています。

なので、Googleのポリシーを遵守していないサイトには「アドセンスの申し込みをを承認することができませんよ」と教えてくれたわけですね。

 

ヤヒロ
ヤヒロ
あざっす!

 

で、どんな項目があるのか確認したところ↓

  • サイト運営者が表示回数やクリックを意図的に増やすことを禁止
  • クリックの誘導=「クリックお願いします!」など
  • 著作権で保護されているコンテンツを掲載してはいけない(画像など)
  • 広告の掲載・配置=スクロール追従してくる仕様のもの等
  • プライバシーポリシー掲載の有無(cookie)

以上の項目がプログラムポリシーに関する主な遵守項目と明記されていました。

 

というか、初心者の私にはこれらの項目ぐらいしか理解できませんでしたw

 

まず、意図的なクリックに関してはGoogleのアドセンス広告すら出る前の状態だったのでクリックはしていないと言い切れます!クリックの誘導・広告の掲載方法に関してもそのような表示は一切しておりませんし、他のアフィリエイトリンク等も貼り付けていないのでありえないですw

 

なので、この3つに関しては遵守ができているという認識で良いと考えています。

 

また、プライバシポリシーページも固定ページを作成の上、サイト上に設置をしている状態でした。内容はコピペをしていいよと許可をしている方の文言を自分なりに追記して使用。プライバシーポリシーの文言ですが、コピペしても平気だったという方が見受けられたので大丈夫なのかなーと思っています。

 

実際のところ、コピペしないことに越したことはありませんが、記載内容が今の自分はよくわかっていないというのが現状なのですw次回の審査に落ちた場合は自身での作成をしようと考えています。

 

最後の著作権に関する項目ですが、かなり引っかかっている可能性が高いですw

 

ヤヒロのブログでは、アニメ・ゲームの記事が多いため該当する作品の画像を使っております。画像があると説明がしやすく、記事にどんなことが書かれているのか確認しやすいと考えていた部分があったためです。

 

ですが、アドセンス審査を通らないことには収益化の第一歩を踏み出せないので、

 

過去の記事に貼ってあるリンクと画像は削除しようと思います!くそー!w

 

まあ、大した完成度でもないのでいいリライトの機会と割り切れてよかったです。

 

次回の審査に向けて実施する修正点はこのくらいでしょうか。

 

何回でも申請することは可能なようなので、へこたれず頑張るぞー!

 

ウェブマスター向けガイドラインを満たしていない可能性

ヤヒロの拙い分析によると、自サイトはこちらのガイドラインをクリアできていない可能性が高いと考えております。

 

ウェブマスター向けガイドラインの準拠とは

まず、グーグルの審査落ちした際のメールにこのような文言がありました。

グーグルの目標は質が高く、有用なコンテンツと価値あるユーザーに関連性が高い広告を配信できるサイトを広告主に提供すること

 

また、ユーザーの利便性を高め、要件を満たすよう務めろとも。

 

お勉強ができない私にもなんとなく言っていることはわかりますよ。グーグル様w

 

よく耳にする「お客様は神様だと思え!」という解釈でいいと思いますw

例えば

  • サイトが見にくい
  • サイトへの接続が遅い
  • コンテンツの内容が足りていない

 

こういった「ユーザーに不満に感じさせてしまうポイントを改善してね」ということが書かれています。

 

当たり前のことなんですけどね!

こっちだって使いやすいように頑張ってるんだ!なんて嘆いていてもGoogle様は慈悲など与えてくれません。ダメなものはダメ!o(`ω´ )o

 

じゃあ、ガイドラインに沿ったサイトってどんなサイトなの?っていうのを調べてみました。

Google Search Consoleのヘルプページによると一般的なガイドラインとして

  • Googleがページを検出できるよう手助けをする
  • Googleがページを理解できるよう手助けをする
  • 訪問者がページを利用しやすいよう手助けをする

という旨が記載されていました。

 

まず、ページを検出しやすくするという項目はサイトマップを作成してクロールしやすくするのが一般的です。

 

私はサイトマップを作成しておりましたがGoogle Search Consoleの導入をしておりませんでした。理解不足で申し訳ありませんが、サイトに表示するサイトマップとは別でgoogleのロボットが識別するxmlサイトマップというものが存在します。

 

これはクローラーと呼ばれる、巡回ロボットがウェブサイト内の各ページのURLや更新日などを識別するためのサイトマップというものらしいです。

 

このクローラーに認識されなければ検索に表示されないため、検索窓でページURLを検索しても表示されません。検索できないんですw

 

ということは、「自サイトを評価してもらえない=有用なコンテンツか判断できない」という図式が成り立ちます。また、広告を貼る価値がないと捉えられても文句は言えないです。

 

なので、Search Consoleを連動させて再審査を申請します。正直、投稿した記事が検索で表示されなかったので落ちた原因として有力だと考えていて、知らなかったとはいえ導入をめんどくさがってしなかったのが悔やまれます。

 

他の修正点としては、サイトの高速化に取り組むつもりで、画像の圧縮プラグインの導入と通信速度の確認をツールを利用して確認すべきだなと。モバイルの評価も重要な指標となっているらしいので。

 

本当にわからないことだらけですが、わかる方法で実践をしてみてダメだったら何回でもチャレンジしてやるという意気込みですねw

 

以上が次のアドセンス審査までに実施する項目かな。

 

参考になるかはわからないですが、合格したらまた、記事をあげてみようと思います。

 

それでは!